2018年秋ドラマ

ハラスメントゲーム 2話のあらすじと感想「口は災いの元」

スポンサーリンク



ドラマ「ハラスメントゲーム」第2話が2018年10月22日(月)に放送
されました。

ここでは、「ハラスメントゲーム」第2話のあらすじと感想、視聴者の評判
紹介していきます。

ハラスメントゲーム 第2話のあらすじ

ついに新店舗の品川店が3日後にオープンを迎える。オープニングスタッフ達
は準備に追われている中、パートの18名が突然辞めると言い出した。

コンプライアンス室長の秋津(唐沢寿明)は部下の高村(広瀬アリス)と会社
の顧問弁護士の矢澤(古川雄輝)と共に品川店へと向かった。

パート18名から辞めたいという理由を聞くと、社長のセクシャルハラスメン
トが原因だと言うが、丸尾社長(滝藤賢一)には見当もつかなかった。

秋津と高村は品川店へと再度向かうと、コンシェルジュがパートから世話ハラ
を受け、もめていたことが分かった。

パートリーダーの一言から高村は品川店オープンに向けて社内広報の撮影時、
「フレッシュで美しいコンシェルジュをそろえた。疲れた顔をして商品を売る
パートのおばちゃんを見るとがっかりする。」と社長が言った事を思い出す。

しかし、その事を知っているのは上層部の1部の人間だけのはずだった。上層
部に密告者がいると踏んだ秋津達は、後日パートリーダーの家へと向かった。

パートリーダーの大竹(余貴美子)の家には他のパート達17名も集まってい
た。秋津は大竹に密告者について聞くが、口を割ろうとしない為、全員に依願
退職扱いで辞めさせると啖呵を切り、家をあとにした。

すると、2名のパートが秋津達を追いかけてきた。大竹から強要され辞めると
言ったが本当は辞めたくないというのが本音であることが分かった。

その頃、丸尾社長はこの事態に緊急時スタッフ移動計画を発動させるべきだと
上層部から決断を迫られていた。これを発動すれば、今回の件が社員全員に知
れ渡ってしまい、会社のイメージダウンに繋がってしまう恐れがあった。

秋津は大竹が一人で言い出し、他のパートを強要したとして、大竹以外の17
名にはお咎め無しとして品川店へと戻した。高村は大竹だけを悪者にしてクビ
にするのはおかしいと反論するが、秋津は聞く耳を持たなかった。

高村は矢澤に大竹が気の毒だと言うが、矢澤は品川店のオープンが失敗に終わ
れば何千人もの社員に影響が出るかもしれないとめずらしく秋津の意見に賛同
した。

秋津自身も大竹だけをクビにするのは正しいことではないが会社を守るために
仕方のないことだと分かっていた。

品川店オープン前日、パート17名は仕事に復帰していた。セクハラの件は、
大竹に強要されたとして、不問となった。しかしパート17名はうかない顔を
している。

秋津は再度、大竹の家へと訪問し、密告者が誰なのかを聞くがやはり口を割ら
なかった。秋津は大竹が元居た池袋店でお惣菜弁当を買ってきていた。

それは、大竹が考案して商品化した弁当だった。その弁当は上層部の人間が意
見を聞いてくれて商品化に繋がったと大竹が話したことから、今回の密告者で
であり、それは水谷取締役(佐野史郎)だったことが分かった。

さらに、大竹は見た目だけをキレイにすることにこだわり、中身を見ようとし
ていない丸尾社長に目を覚まして欲しくて今回の騒動を起こしたことを語った。
秋津はそこまで会社を思ってくれるパートはいないと丸尾社長に訴えた。

品川店オープン日、パート18名全員そろって笑顔でお客様を迎えることが出
来た。

今回の件で脇田常務(高嶋政宏)から軽率な行動は慎むようにと注意を受ける
水谷取締役。対立が明らかになりつつある上層部は今後どうなるのか。



スポンサーリンク

ハラスメントゲーム 第2話の感想

今回第2話ですが、いまいちセクハラという感じが薄い気がしました。大企業
の社長なのに、このご時世でこんな発言を安易にしてしまうだろうか?しかも
取締役が情報漏洩までしてしまうなんてありえない。

パートはどんなに熱心に仕事をしても所詮パート。というセリフがありました
が、本当にその通りだと思います。私自身も同じ様な立場にいるのでとても切
実に感じました。

今回のテーマはセクハラというよりも、どちらかというと会社の雇用問題にな
っていたように思いました。

「フレッシュで美しいコンシェルジュ」に対して「疲れた顔したパートにがっ
かりだ、夢がない」というセリフがありますが、これがセクハラに当たるのだ
ということに驚き、勉強にもなりました。

特に今回は人権侵害のモラハラ(モラルハラスメント)、世話をやきすぎて、
相手に不快を与える世話ハラ(世話やきハラスメント)、リストラするぞ!と
脅しをかけるリスハラ(リストラハラスメント)など、多くのハラスメントが

今の世の中、ハラスメント問題に当たらないように仕事をすることが難しい社
会となりました。

思わせぶりな秋津と脇田常務(高嶋政宏)の駆け引きのような会話は毎回ドキ
ドキしながらみるようになりそうです。

最終的に二人はどうなるのでしょうか。敵対するのか、しないのか。
高村への矢澤の気持ちは心配なのか、恋心なのか、その辺りも楽しみにして
いきたいと思います。



スポンサーリンク

ハラスメントゲーム 第2話の視聴者の評判とまとめ

余貴美子さんの演技は飲み込まれるところがありますよね。
第3話ではついに斎藤工さんが出演です。しかもイクメンパパ役らしいです。

第1話の放送前からツイッターでは第3話に斎藤工さんが出演するという書き
込みが沢山ありました。

では、また来週もお楽しみに。



スポンサーリンク