2019年冬ドラマ

【後妻業】1話のあらすじと感想評判「後妻業で稼ぐ小夜子(木村佳乃)!」

スポンサーリンク



ドラマ「後妻業」第1話が2019年1月22日(火)に放送されました。

ここでは、「後妻業」第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

【後妻業】1話のあらすじ(ネタバレ)

うれしそうに中瀬耕造(泉谷しげる)と結婚式を挙げる竹内小夜子(木村佳乃)。

二人の出会いは結婚相談所でした。

耕造は一目見て小夜子のことを気に入ります。

口の上手い小夜子は、すぐに耕造をとりこにし、二人は結婚。

しかし小夜子の本当の狙いは金。

高齢者と結婚し、遺産を狙う「後妻業」を生業とする小夜子と柏木了(高橋克典)。

柏木は表向きは結婚相談所の社長、裏では後妻業を生業とする女性たちを抱える小夜子のバディです。

結婚後も、一人で豪華なマンションに暮らす小夜子。

派手な服装と化粧をして耕造のもとに向かいます。
 
週に何度かしか顔を見せない小夜子に、寂しい思いをする耕造。

耕造には二人の娘がいますが、年末年始も挨拶に来ず父親をほったらかしの娘たち。

東京で暮らす耕造の娘・中瀬朋美(木村多江)は事実婚の夫と二人で設計事務所を営んでいます。

朋美は最近会っていない耕造のことを心配し、大阪の姉・西木尚子(濱田マリ)に電話をかけて耕造の様子を探りました。

しかし尚子も耕造と連絡を取っておらず、二人は耕造が結婚したことを知りません。

耕造の入院

なかなか思うようにすぐには死なない耕造を、小夜子は無理やり外に連れ出します。

寒い中大阪の町を歩き回り疲れた耕造は、突然気分が悪いと言って倒れてしまいました。

小夜子は尚子に耕造が倒れたことを電話で伝えます。

耕造が結婚していたことを知らない尚子は、小夜子が新しい妻だと知って驚きます。

病院に駆けつけた朋美に、小夜子のことを説明する尚子。

派手ないでたちをした小夜子を見て、朋美は驚きを隠せません。

結婚相談所で知り合い、先月結婚したことを説明する小夜子。

朋美は結婚を知らせてくれなかったと怒りを表し、小夜子と言い争いを始めました。

そこに尚子が止めに入り、耕造の容態が持ち直したことを聞かされる小夜子。

東京に戻った朋美は、耕造が騙されているのではないかと心配します。

そして財産目当てだと考える朋美は、探偵を雇うことにしました。

すると小夜子から電話がかかってきます。

耕造に何かあったのかと焦る朋美に、小夜子は耕造の葬式の費用の相談を始めました。

まだ生きている耕造に失礼だという朋美に対して、万が一の時のために葬式費用の金四百万を用意するよう催促する小夜子。

しかし「まだ死んでない!」と怒って、朋美は電話を切ってしまいます。

後日、探偵事務所の本多芳則(伊原剛志)がやってきました。

朋美とは大学時代の知り合いだった本多。

昔は大阪府警の刑事だった本多ですが、今は東京で探偵をしています。

朋美は本多に小夜子のことを相談すると、小夜子が後妻業ではないかと疑う本多。

本多は大阪府警時代の後輩に、小夜子のことを探ってほしいと頼みます。

10年前…

10年前、ソープで働いていた小夜子。

男に騙されて借金をかぶった小夜子に、一緒に組んで金を稼ごうと誘ってくれたのが柏木でした。

一方の朋美も10年前、妊娠できない体だと知って子供を諦めた過去がありました。

小夜子は耕造が入院中をいいことに、耕造のマンションにある金庫を開けようと必死です。

しかしびくともしない金庫。

金庫の中に、大金が入っているとにらむ小夜子は、柏木に金庫を開る人間を紹介するよう頼みます。

その夜、柏木に車で家まで送ってもらった小夜子。

家に入れてほしいと頼む柏木に、「男は家に入れない主義」と言い車を降りる小夜子。

一人になった小夜子は、耕造が寝言で最初の妻の名前をよんでいたことを思い出します。

そして病院に向かった小夜子は、暗い病室で注射針をもち耕造をにらみます。



スポンサーリンク

【後妻業】1話の感想

茶髪のウィッグを付けて、真っ赤な口紅に派手な服装。

そして極めつけはコテコテの関西弁の小夜子。

その女性を演じるのは、何とあの木村佳乃さんです!

清楚なお嬢様的なイメージのある木村佳乃さん。

今までこんな派手な女性を演じている木村さんを見たことがなかったので、かなりの衝撃でした。

とっても嫌味で下品な悪女を演じます。

今回は第1話目とあって、登場人物の紹介的なストーリーの流れになっていました。

それにしても、一人一人のキャラが濃いこのドラマ。

すべての人物の背景や過去も、今後このドラマの重要なキーワードになってきそうです。

そして後妻業になる前は、ソープで働いていた小夜子。

小夜子には、かつて本気で好きになった男がいました。

もしかすると、まだその男性のことが忘れられないのかもしれません。

仕事上ではコンビの柏木との関係も、私生活では微妙な印象を受けました。

そして、柏木にも内緒にしている秘密が小夜子にはありそうです。
 
これまでも何人もの男性の後妻として遺産を受け取ってきた小夜子。

耕造の命のいつまでもつのやら…。

そして小夜子を後妻業ではないかと疑う人間も出てきて、事態はどんどんややこしいことになりそうです。

最強の悪女を演じる木村佳乃さんに、今後も注目です!



スポンサーリンク

【後妻業】1話の評価評判

まとめ

関西弁を話す木村佳乃さんたちに、若干違和感を感じる方が多かったようです。

しかしそれよりも反響が大きかったのが、主題歌の「冬の花」を歌う宮本浩次さん!

インパクトある歌声、そしてドラマにぴったりなパンチのある曲でした。

次回は、ついに耕造の金庫を開けることに成功した小夜子。

そして金庫の中身を知った小夜子は…。

第2話も楽しみですね!

最後まで読んでくださってありがとうございました。



スポンサーリンク