2018年秋ドラマ

大恋愛 7話のあらすじと感想評判 「倒れてしまった尚(戸田恵梨香)。公平(小池徹平)の思惑は?」

スポンサーリンク



ドラマ「大恋愛」第7話が 2018年11月23日(金)に放送されました。

ここでは、「大恋愛」第7話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

学生達への講演の矢先、倒れた尚。そんな尚にキスしていた公平、一体彼は何者なのでしょうか?

大恋愛 第7話のあらすじ

学生達の前で話そうとした瞬間、マイクのハウリングの音に反射性失神を起こし、倒れた間宮尚(戸田恵梨香)。

駆けつけた間宮真司(ムロツヨシ)は、ベッドで寝ている尚にキスする松尾公平(小池徹平)を追い出します。

真司は、反射性失神を予測できなかった、と言う井原侑市(松岡昌宏)を責めます。

さっき尚は俺のことを認識できなかった、先生は回復の兆しがあるといった、どこがアルツハイマーの権威だ!と怒る真司に、医者は未知なる病気の前には無力なのだ、となだめる尚の母、薫(草刈民代)でした。

絶好調だった尚に戻してくれ、今朝の尚に戻してくれと真司は侑市に懇願します。

何度か外来で見かけたあの男が、なぜ尚にキスをしていたのか、それも病気のうちなのか?と苦悩する真司でした。

1日入院して目覚めた尚は、学生の前に立ったことは思い出せるのですが倒れたことはすっかり忘れていました。しかし、真司のことをきちんと名前で呼んだ尚に安心する真司でした。

尚の検査中、真司に「脳みそとアップルパイ」の映画化の話が舞い込みます。本はますます売れ、次回作も注目される、とはりきる編集者の水野明美(木南春夏)に、それよりも脳みそとアップルパイの続編を書きたいという気持ちが沸き上がってきた、と真司は話します。

明美は大喜びするのでした。

そこへ公平が尚を探しにやってきます。
尚にはもう近づくなという真司。公平は、この病気のことはこの病気になった人しかわからない、だから心からわかるよってキスしてあげたんだと言います。

健康な人にはわからない、夫でも医者でもわからない、井原先生もスピーチさせて病気悪くしたじゃん、と笑う公平。

「尚には近づくな、今度近づいたらぶっ殺す」という真司に、殺してもいい、失うものは何もないから平気だ、みんな忘れてしまうんだから、今欲しいものが欲しい「尚さんが欲しいんだ、真司をぶっ殺してもね」と話す公平でした。

侑市の診察で、尚は失神した原因はアルツハイマーに進行したからではないかと聞きますが、侑市は今日の検査結果を待とうと言います。

真司は次の予約の日の外来に、公平がやってこないかを確認しますが、それは話せないという侑市でした。

尚は治験に参加して、症状が改善したら子供を産みたいと侑市に相談します。
子供のことは覚えている尚に、真司はホッとします。

外来でもないのに公平が朝早くからいたと実習生たちに聞いた侑市は、食堂にいる公平に声をかけます。

職場に居づらい、ここが居心地が良いという公平。間宮夫婦が仲良さそうで良かった、だけど自分の奥さんも逃げてったから、そのうち尚さんの旦那さんも逃げ出す、そうしたら僕の出番かも、と話します。

間宮夫婦のことはそっとしておいてください、という侑市に公平は、先生には任せておけない、先生のせいで失神したでしょと微笑むのでした。

真司が「脳みそとアップルパイ」の続編を書くと話すと、尚は大喜びします。本のことを熱く語る尚。

しかし、症状が改善したら子供を産みたいと侑市に相談したこと、担当編集者の名前、古いアパートに住んでいたことなどは忘れてしまっているのでした。

尚が忘れたり覚えていたり、尚と一緒にいることに辛さを感じていた真司は、元同僚の木村(富澤たけし)たちと飲みに行きます。
神様に試されてる気がする、という真司に、とにかく小説を書けばいいんだよ、と励ます木村でした。

そして次の外来の日、その日のテストと検査結果を見た侑市が尚と真司に告げたのは、MCIの治験が難しくなったということでした。
先日の検査の結果から、尚はアルツハイマー病に進行していると言うのです。

新しい薬で治してくれるといった、自分で開発した薬なんだから何とかしてくれと懇願しながら、尚はこれからどうなるのかと問う真司に、これからは思い出を作ることができなくなるかもしれないが、希望を捨てずにやっていきましょうと話す侑市でした。

真司から報告を受けた薫はホテルのバーで酔いつぶれていました。
偶然見かけた侑市の父、井原誠一郎(橋爪淳)から連絡を受けた侑市は、薫の元へ向かいます。

娘のことですっかり落胆している薫ですが、尚は夫に愛されて、先生にもよくしてもらって幸せなのかも、と語ります。
自分は一度も男の人を頼りにしたことがない、という薫に侑市は、僕を頼りにしていただければ嬉しい、とタクシーを見送るのでした。

病院の帰り、二人で歩きながら、思い出の場所である橋の上で涙する真司。
最初に住んでいた古いアパートを見に行き、思い出の居酒屋へ行く二人でした。

その頃、実習生から送られてきた動画を見て侑市は愕然とします。
そこには尚のスピーチの直前にスピーカーを操作してハウリングさせる公平の姿が映っていました。これもアルツハイマーの症状でしょうかと問う学生に、そんなはずない、と怒りをあらわにする侑市でした。

居酒屋から出てきた尚は、私やっぱり真司の子ども産もうかな、真司と私の記録を残したい、その子と3人で少しでも長く平和な暮らしが持てたら、私も産まれてきた甲斐があったかな、と涙します。

ありがとう、と真司は尚を抱きしめます。

最悪の日に最高の未来が見えることもあるのだ、と喜ぶ真司でした。



スポンサーリンク

大恋愛 第7話の感想

とうとう尚がアルツハイマー病に進行してしまいました。わかっていたことですが、辛く悲しい展開、としか言いようがありません。覚えていると安堵したら、もう忘れている。そんな尚の現状に、真司も少し疲れを感じはじめているようです。

このドラマを見始めた時から、アルツハイマー病というものに自分がもしなってしまったら?大切な人がなってしまったら?ということを想像せずにはいられませんでしたが、改めてそれを考えさせられるお話でした。

真司は、公平が尚にキスしたこと、なんで侑市に言わないんでしょうか?そうしたらさすがに病院側も配慮してくれるのに…

まあ、配慮されるとドラマとして成りたたくなるんですよね…
とわかっていても!スピーカを操作した悪意ある公平の行為、許せません!
しかし公平、これは覚えていても覚えていない、というかも知れませんね。
侑市はどう対処していくのでしょうか。

そして侑市、尚のお母さんに、また飲みましょうと誘っていました。ん?そっち行く?侑市さん?あれれ?という感じの展開でした。

あと残り3話なのにどうなるのでしょうか?赤ちゃんは産まれるのでしょうか?
幸せな三人家族の姿が見たいものですが、まだまだ波瀾は起こりそうです…



スポンサーリンク

大恋愛 第7話の視聴者の声(評判)

本当にサイコです、小池さん、ホント憎たらしい!

でもそう思えるのはそれだけ役柄に入り込んで上手に演じてるってことなんでしょうね。
顔が無邪気だから余計に腹がたってしまうのかもしれません。だけどやはり彼もツラい病気の患者さんなんですよね。

ボロくても狭くても、あのアパートにいた頃、二人は本当に幸せだったんだなぁー。あの頃に戻らせてあげたい…

侑市と母、薫。
サイコパスでキラースマイルな公平。
来週はどうなるのでしょうか?あまりビックリさせないでほしい気もしますが…楽しみです!



スポンサーリンク