2018年秋ドラマ

大恋愛 4話のあらすじと感想「始まった尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)の生活、しかし別れを告げる真司」

スポンサーリンク



ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第4話が 2018年11月2日(金)に放送されました。

ここでは、「大恋愛~僕を忘れる君と」第4話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

真司の名前を侑市と間違えた尚を、真司はどう受け止めていくのでしょうか。

大恋愛~僕を忘れる君と 第4話のあらすじ

好きと嫌いは自分じゃ選べない、尚(戸田恵梨香)が好きなんだ、という真司(ムロツヨシ)に、
好き、侑市(松岡昌宏)さん。
と名前を間違えた尚。

真司は傷つきながらも間違いを指摘することなく、尚を病院から帰らせます。
名前を間違えるくらい序の口だ、と自分に言い聞かす真司でした。

一人で過ごしながら、お風呂を止め忘れたり、コンロの火をつけっぱなしにしてしまったことに不安を覚えた尚は、覚えてない…侑市さん、と呟きます。
そんな自分にハッとして、翌日退院した真司に、もしかして昨日真司の名前間違えた?と聞きますが、とぼける真司でした。

引越屋の先輩、木村(富澤たけし)が仕事場に忘れていたパソコンを届けにきます。
そして「砂にまみれたアンジェリカ」を見つけた木村は、真司が小説を書いていたということを知り驚きます。

侑市は新たに、医師の梓澤レイ(桜井ユキ)とお見合いをし、交際を決めます。
しかしやはり、時折尚のことを思い出してしまうのでした。

仕事場で、また以前のようにバリバリ働きたいという真司ですが、引越の仕事は緩くやって本業(小説)もがんばれと、励ます木村でした。

真司は尚に、尚と出逢ってまた小説を書きたい気持ちが沸いてきた。尚のことを書いても良いか、病気のことだけでなく、大恋愛の顛末を書きたいと話します。

母、薫(草刈民代)がクリニックで診察していると、薫の診断に関して尚と話が違うと文句を言う患者(高橋ひとみ)がいました。

ある日彼女は偶然、侑市の病院へ診察にやって来た尚を見かけます。
そして尚のあとをついていき、精神科外来へ入っていくのを見て、担当の侑市が若年性アルツハイマーの専門医であることを知ります。

診察の時間、侑市は真司が尚の病状を聞きに来たこともあり、尚に、正式に結婚なさったらどうですか?と言います。自分が誰だかわからなくなる私を死ぬまで背負えなんて言えない、先生は私と結婚しないでしょう?と言う尚に、ぼくはフラれた身ですよ、と呟く侑市でした。

薫は街で侑市の母、千賀子(夏樹陽子)と偶然出会います。
尚が侑市に診てもらっていることを知らなかった千賀子は驚き、それは非常識だ、よその病院へうつってくれと怒ります。
侑市にも、尚の主治医はやめろと電話する千賀子でした。

真司が書き始めた小説のタイトルは「脳みそとアップルパイ」
出だしの文章~まるで何かに追われるようにいつもいつも走っていた~という部分をを呼んだ尚は、走りたくない、ここで止まっていたいと真司に抱きつくのでした。

例の患者のせいか、病院の口コミサイトに尚の病気のことを書き込まれ、多数のキャンセルが出てしまった薫のクリニックに厚生労働相、医師免許審議室から電話が入ります。

尚と薫が厚生労働相に向かうと侑市が待っていました。

MCI(軽度認知障害)であることに気づきながら医師として働いていたのかという問われる尚と薫ですが、侑市が説明をはじめます。

侑市は尚をMCIと診断したが、若年性アルツハイマーに進行するかどうかはまだわからない。病気の進行を遅らせるためにも、医師としての仕事は続けた方が良いとすすめたが、尚はその日以来患者を診ることはやめた。

自分が診察するのは患者の利益を守ることにはならないと言った。これほど潔い医師はいないと侑市は訴え、尚の診断書を提出します。
尚は患者には本当のことを知らせることを約束し、侑市のおかげもあり、審議対象にはならないこととなりました。

その頃、引越事務所ではクリニックのサイトに良い評判を書き込む真司がいました。そんな真司を切なくなるという木村でした。

その夜、侑市に、尚からお礼のメッセージが届きます。と同時にレイからは、会いたいとのメッセージが届きます。

アパートで患者への封書を作りながら、井原先生には本当にお世話になったと言う尚に、やっぱりあの先生は尚にとっていなくてはいけない人だ、尚は俺より井原先生を頼りにしている、と真司が言います。
でも好きと嫌いは選べない、好きなのは真司、どうしても真司だという尚。

しかし真司は自分を侑市と呼んだことを持ち出し、自分は病気なんだから名前間違えたくらいで文句言わないで、と二人は喧嘩になります。

真司は、病気のせいで恋に落ちただけだと思い込んでるだけじゃないのか、尚のなかで病気と恋がごっちゃになってると言います。
話にならないと、部屋を出ていく尚でした。

すると、尚を一時間待っていたという侑市に出会います。
どうしても会いたくなって来てしまった。気づいた、尚に僕が必要なんじゃない、僕に尚が必要なんだ、と言う侑市に、先生には本当に感謝しているが私が愛してるのは間宮真司です、彼の存在が生きる力をくれる、と告げ尚は真司の元へ戻ります

さっきはごめんなさいと謝る尚の言葉を遮るように、別れよう、と言う真司。そんな真司の顔を見つめながら尚は一粒の涙を流すのでした。



スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と 第4話の感想

悲しい終わりかたでした。

もちろん、真司の別れの言葉は本意ではなく、尚のことを思ってのことでしょう。侑市のおかげで助かったこと、自分には何もできないと感じた真司の気持ちが、別れの言葉を言わせたのでしょう。切ないです。

病気のことで二人が喧嘩をしたのははじめてでしたが、こういったことはきっとこれからも起こり得ることでしょう。不安になる尚と、どう受け止めてやればいいのかわからない真司。もどかしい二人の気持ちがぶつかり合うのは仕方ないことですね。でもそれを乗り越えて幸せになってほしいです!

侑市もまたレイと付き合うことで、そして厚労相で尚のことを一生懸命切実に話したことで、自分の思いに改めて気づいたのでしょうね。しかしまた、フラれてしまいました…これもまた切ないです。

富沢たけし演じる木村が真司の小説のことを知ったことで、これからは小説に打ち込むことができるのでしょうか。富沢さん、初回からいい味出してますね。

予告では次週で、第一章完結とのことです。

木南晴夏が編集者として登場するようですが、早速小説家の道が開けてくるのでしょうか?そして二人はどうなるのでしょうか。ますます楽しみです。



スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と 第4話の視聴者の声(評判)


https://twitter.com/_arielxdisneyxa/status/1058357172810080256?s=09

尚も真司も侑市も辛い悲しいラストでしたが、来週の予告でどうやら結婚式を挙げている二人にひとまず安心というところでしょうか?

第一章の完結、来週も楽しみです。



スポンサーリンク