2018年秋ドラマ

大恋愛 2話のあらすじと感想「病気の判明、尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)の愛の行方」

スポンサーリンク



ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第2話が 2018年10月19日(金)に放送されました。

ここでは、「大恋愛~僕を忘れる君と」第2話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

尚に婚約を解消してほしいと告げられながら、彼女が軽度認知障害かもしれないと気付いた侑市。尚と真司はこれからどうなるのでしょうか。

大恋愛~僕を忘れる君と 第2話のあらすじ

自転車と衝突事故に遭いながらも、全然大丈夫だったと言いながら、間宮真司(ムロツヨシ)に部屋に訪れた北澤尚(戸田恵梨香)。

そこへ婚約者の井原侑市(松岡昌宏)から電話がかかります。今から会えないかと言う侑市と、翌日会う約束をします。

婚約解消の話をするのだろうと思いながら、侑市の病院へ行った尚ですが、自分にアルツハイマー病の前段階、軽度認知障害の疑いがあると言われ、動揺しながらも否定します。

しかし軽度のうちなら進行を防ぐことができるかもしれない、という侑市の言うことを聞き、簡単な物忘れ検査を受けることを了承します。

その頃、尚の母、薫(草苅民代)は一人で真司のアパートを訪ねていました。
そして、娘とあなたは不釣り合いだ、娘と別れてほしいと、ヒステリックに話します。

自分は娘さんに誘われただけだ、結婚なんて望んでいない、あなたが説得しなければいけないのは娘の方だ、という真司に薫は、これで引越しでもしてくれ、と手切れ金の入った封筒を渡します。

そして物忘れ検査の日。
簡単な三つの言葉を覚えたあと、簡単な計算をする。しかし簡単な数字の羅列が言えなくなる尚。そしてその前に覚えたはずの三つの言葉が思い出せないのでした。

クリニックに戻った尚は、物忘れ検査ができなかったこと、軽度認知障害かもしれないことを薫に告げます。だんだんママのことがわからなくなる、服も自分で着れなくなる、自覚症状もあった、と泣きながら話します。

この2週間、生きてるって気がした、消える前のろうそくだったのかな、と笑う尚に薫は、万が一そういう病気でも、ママと二人で生きていこう、ママがあなたを守るからと抱きしめます。

井原家では侑市が、尚の病状を両親に話していました。
結婚する前にわかって良かった、健康で良いお嫁さん探さなきゃ、と開き直る母の前で複雑な表情の侑市なのでした。

尚は週末入院し、認知症検査をまとめてすることになります。
侑市に出会わなければ、こんなに早く気づけなかった、感謝している、式はこちらでキャンセルしておくと告げる尚でした。

真司から、俺らしくないレストランを予約したので食事をしませんか、とメッセージが届きます。
レストランで、薫と会ったことを話す真司。

薫に渡された百万の封筒を1日眺めてたら、窓ガラス吹きたくなった。尚と一緒にいたいと思った、ちゃんと付き合いたいと思った、と告げます。しかし、尚の態度は素っ気ないものでした。

そして尚は、やっぱり私は予定どおり結婚する、目が覚めた、私の幸せはあなたといることじゃない、と無理に微笑みます。

なにか言えない理由があるんだね、と悲しげな顔の真司。
帰宅して、母に真司とは別れたと告げ、自室で泣きじゃくる尚でした。

入院して行った検査の結果、尚は侑市に、MCI、アルツハイマーの前段階だと告げられます。

このまま自分が治療の担当を続けてもいいし、セカンドオピニオンを受けるなら協力する、という侑市に、このままお願いしますと尚は答えます。

そして医師としても働ける、それは認知症予防にもつながるとのことでした。

婚約解消についての母親同士の話し合いも済み、尚は新居から実家へ戻る引越も終えます。
その後、新居だった部屋の隣の部屋の引越のために、真司たちの引越屋が訪れます。

すると、尚が新居に引越した直後、トラブルになった上階の住人が、尚が結婚をやめて引越したことを伝えます。驚く真司でした。

夜、真司と初めて食事をした居酒屋で一人飲んでいた尚は帰り道、突然不安な衝動にかられます。
真司に電話をかけ、助けて、どこにいるかわからない、あの店の近くにいると泣きながら叫ぶ尚。

尚を見つけた真司に、私はそのうちアルツハイマーになる、と告げます。

真司の部屋で落ち着いた尚は、助けてほしいと思ったとき真司の顔しか浮かばなかったこと、自分が若年性アルツハイマーの前の段階で軽度認知症であること、だから別れを告げたこと、自分が誰かわからなくなるかもしれない、真司のこともわからなくなるかもしれないと話します。

すると真司は、尚が病気で、尚が結婚しないことが嬉しい自分に驚いてる、と答えます。
希望なんて何もない自分は、尚がどんな病気でもかまわない、一緒にいたいんだと微笑みます。

キスしようとする真司に、今じゃない!と、ふざけ合う二人でした。



スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と 第2話の感想

あと1ヶ月で結婚するはずだった尚の人生に、1話と2話でものすごく大きな波が押し寄せましたね。
テンポの良いドラマなので、見ているとあっという間に一時間経っている気がします。

それにしても30代にして、軽度認知障害を告げられた尚の気持ち、不安はどのようなものでしょうか。母である薫が大きく受け止めてくれたことに、少しほっとしました。母親なんだから当たり前なのですが、薫の不安も計り知れないものでしょう。

侑市はいたって冷静にアルツハイマーの専門医として尚に接しているように見えますが、もう尚への想いは吹っ切れたのでしょうか?

侑市の母親が、尚の病気を知った途端、豹変したのには少し呆れましたが、やはりそんなものでしょうか?ちょっと残念な人でした。

窓ガラスを吹いてたら、尚と一緒にいたいと思った。小説を書くだけあって、なんだかロマンチックですが、実際吹いていた窓の雑巾は真っ黒でした。でもあの窓を吹くことで真司は自分の真っ直ぐな気持ちに気づいたんですね。

別れを告げる尚に、言えない理由があるんだね、と気づく真司。やはり感性が豊かなのでしょうか。

どんな病気でも一緒にいたいと言う真司ですが、これから起こるであろう困難をこの感性でどう乗り越えていってくれるのか、心配しながらも楽しみにしたいと思います。



スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と 第2話の視聴者の反応(評判)とまとめ

https://twitter.com/0910_baton/status/1053292748193783808?s=09

https://twitter.com/yumi_krmi/status/1053297264855138304?s=09

検査の様子は本当にリアルでした。こんなにたくさんの検査をするのかと勉強になりました。
医師として働けるのは、患者の名前を忘れてたりしてるのに?と確かに意外な気がしました。

Twitterでは、戸田恵梨香とムロツヨシのコンビはやはり評判が良いようです。
またムロさん適役、ムロさんのキャラがバランスをとってる、との声が見られます。
来週も、ムロさんに期待です。



スポンサーリンク