2019年冬ドラマ

【ハケン占い師アタル】2話のあらすじと感想評判「目黒おぼっちゃまの奮闘!」

スポンサーリンク



ドラマ「ハケン占い師アタル」第2話が2019年1月24日(木)に放送されました。

ここでは、「ハケン占い師アタル」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

前回の1話では、自分に自信が持てない神田(志田未来)の悩みを、見事占いで解決したアタル(杉咲花)。

アタルはいったい何者なのか…?

そして今回は誰の悩みを占いで解決するのか!

【ハケン占い師アタル】1話のあらすじと感想評判「占い師アタルの登場!」

【ハケン占い師アタル】2話のあらすじ(ネタバレ)

アタル(杉咲花)と同じ職場で働く目黒円(間宮祥太朗)。

おぼっちゃまとして育ち、会社には親のコネで入り3年たちました。

やる気はあるのですが、いつも失敗してばかり…。

大した仕事も任されず、婚活アプリでもふられっぱなしの目黒。

ある日、職場にふらっとやってきた佐々木匠部長(及川光博)。

一週間後にある特撮ヒーロー番組『キセキ戦隊ミラクルヒーロー』の新グッズを発表するイベントのコンペに参加しようと、大崎結(板谷由夏)課長に相談します。

断れない大崎課長は、この仕事を引き受けてしまいました。

すると昔から『ミラクルヒーロー』の大ファンでもあった目黒が、自らやりたいと名乗り出ます。

企画書を出すと張り切り、消息不明の初代ミラクルレッド・八王子(湯江タケユキ)をイベントに引っ張り出そうと発案する目黒。

翌日、企画書ができたと嬉しそうに配る目黒。

八王子の住所もわかり、目黒は自ら交渉に行くと張り切ります。

そして出演交渉を取り付け喜ぶ目黒は、今度はプレゼンを任せてほしいと大崎課長に直談判します。

反対する上野誠治(小澤征悦)と、大崎課長が言い争うのを見て止めに入る目黒。

「仲間なんだから、一緒に力を合わせて頑張ろう!」と言う目黒に、上野が今までの不満を目黒にぶつけます。

落ち込む目黒は、コンペには参加せずに職場に残ることになりました。

元気のない目黒を見た神田和実(志田未来)は、我慢できずに目黒にアタルが占いができることを言ってしまいます。

アタルから「ぶっ殺す」と言われても、神田はひるみません。

目黒はすがるようにアタルを見ます。

占いを一度は断ったアタルですが、仕方なく目黒を見ることにしました。

目黒を占う

10万円の占い料だと言われて、素直に財布から出そうとする目黒。

どうしていつも女性から振られるのか聞く目黒。

女性を外見で選ぶ傾向にある目黒に、女性から中身がないやつだと思われて振られるとズバリ言い当てるアタル。

次に目黒の過去を見ます。

そこには父親におんぶされる目黒がいました。

母親が死んで、はじめて父親におんぶされた目黒。

目黒も不安ですが、妻を亡くして父親も不安でした。

上野からの言葉はみんなの本音であり、それが聞けたと思いラッキーだと思えと説教するアタル。

そして目黒の良いところは、呆れるくらい純粋なところ。

仲間を信じる目黒に、今まで通りの自分を突き進めとアドバイスします。

「この世に必要とされない人間なんて、一人もいない!」と言うアタル。

そこへ神田から電話があり、八王子がプレゼンに出ないと言い出したことを知ります。

仲間と奇跡を起こせ!

家で飲んだくれている八王子のところへ行き、子供の頃に八王子を見てヒーローになりたかったと熱く語る目黒。

アタルたちはべろんべろんに酔った八王子を無理やり車に乗せ、プレゼン場所に連れて行きます。

何とか会場に着いたのですが、人前に出たくないと駄々をこねる八王子。

「不可能を可能にするミラクルヒーローだろ!」と、勇気づけて何とか人前に出させます。

プレゼンも終わり、居酒屋で飲むアタルたちのところに代々木部長がやってきました。

プレゼンは失敗だったと語る代々木部長。

しかし初めから選ばれないことはわかっていた出来レースであったことが判明。

落ち込む上野たちですが、目黒は落ち込む様子を見せません。

「みんなが自分のことを仲間だと認めてくれたと思うと、うれしくて…」と泣き出す目黒。

泣きながら、これからも頑張るので見捨てないでと頭を下げます。

そして笑顔でみんなで乾杯しました。

その日の夜、目黒は家に帰り父親に家を出ることを伝えます。

独り立ちしようとする目黒に「頑張れよ…」と声をかける父親。

翌日、出勤した目黒はアタルに母親のことを尋ねます。

しかし母親のことは、言いたくないと黙るアタル。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク

【ハケン占い師アタル】2話の感想

父親のコネで会社に入った、おぼっちゃま育ちの目黒が今回の主役でした。

いつも明るく悩みなんてなさそうな彼ですが、大学時代に友人から財布扱いされたりと暗い過去も明らかになりました。

いつも明るく元気に振舞っていますが、目黒も無理をしているところがあったんですね。

そして前回アタルに占ってもらった神田が、明るくはっきり自分の意見を言おうと頑張っている姿が印象的でした。

アタルから「占いのことを他人にばらすと、ぶっ殺す!」と言われていたのにもかかわらず、目黒に言ってしまい冷や冷やするシーンも…。

しかし神田は「落ち込む目黒を見逃せない」とアタルにはっきり発言。

神田の成長が見られてうれしく思います。

今回も占いの時は急に口調がきつくなるアタル。

アタルからきついことをバンバン言わた目黒ですが、彼のいいところは純粋で真っ直ぐなところ。

このままの彼でじゅうぶん素敵です。

これからも自分の道を突き進んでいけば、きっと素敵な未来が待っています。

それまでくじけず、目黒には頑張ってほしいです。

一方、気になるのがアタルの過去。

過去の話や、母親の話をしようとしないアタル。

アタルの母親も有名な占い師だったようですが、その正体は謎のままです。

次回はアタルの過去が少しでもみられると良いなと思います。



スポンサーリンク

【ハケン占い師アタル】2話の評価評判

まとめ

みなさん目黒への応援メッセージを多く載せていました。

何だかみんなから愛される目黒がうらやましくなってきました。

次回の第3話は、入社一年目の品川一真(志尊淳)が主役です。

上野からパワハラを受けて、転職を希望している品川。

アタルが今度はどんな悩みを解決するのでしょうか。

第3話も楽しみですね!

最後まで読んでくださってありがとうございました。



スポンサーリンク