2018年秋ドラマ

あなたには渡さない 4話のあらすじと感想評判「裏切られた通子(木村佳乃)」

スポンサーリンク



ドラマ「あなたには渡さない」第4話が2018年12月1日(土)に放送されました。ここでは、「あなたには渡さない」第4話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

前回は、花ずみが開店して6か月すると急に途絶えた客足。原因は八重(荻野目慶子)にありました。八重はライバル店の前田(柴俊夫)と不倫関係にあり、前田を振り向かせるために店への予約をすべてキャンセルしていました。

そんな中、通子(木村佳乃)は旬平(萩原聖人)に、これ以上中途半端な関係は終わりにして、多衣と結婚するようすすめます。その代わり通子は旬平に抱いてほしいと願い、二人は愛し合いますが…。

あなたには渡さない 4話のあらすじ

通子(木村佳乃)と旬平(萩原聖人)が抱き合ってから半月後、再婚した旬平と多衣(水野美紀)。そのことを子供たちに通子は説明します。娘の優美(井本彩花)は、素直に通子の言葉を聞き入れました。

月々の借金を考えると、まだまだ余裕のない花ずみ。そこへ堀口八重(荻野目慶子)から電話がかかってきます。八重はまだ前田秀治(柴俊夫)と別れずに、前田の店で働いていました。通子に、一人分の弁当を作り、ホテルに届けるよう言います。前田の店に入った注文を、花ずみに譲ると言うのです。

通子は八重を信じて、弁当をもってホテルに向かいました。帰りの遅い通子を店で待っていた旬平。同じ客から、今度は1000人分の弁当を作ってほしいと注文を受ける通子。しかし人手が足りないので無理だと旬平は断ります。通子は多衣や優美にも手伝ってもらい、何とか頑張って作ろうと提案。

翌日までに1000人分の弁当を用意するため、花ずみには多衣や美優が手伝いに来ます。夜は店の営業もあり、大忙し。多衣は洗い場を担当します。そこへ、店に血だらけの八重が入ってきます。前田を刺して来たと言う八重。花ずみのスパイだと思われ、そして前田が若い女性と付き合っていることで喧嘩になり、包丁で刺したのでした。

そこへ、警察がやって来ました。前田は重症で、八重は逮捕されます。事情を聞くため、警察に通子も連れて行かれます。警察からやっと出てきた通子の前に、笠井芯太朗(田中哲司)が待っていました。笠井の車で店に戻る通子。

深夜、店に戻るとまだ弁当作りは続いていました。翌朝、何とか間に合った弁当。車で通子が運びます。そこへ笠井が来て、自分が車を運転するとかわってくれました。

「今日の弁当もおいしかった」と客に言われ、通子は喜んで帰ります。帰り道、通子は笠井にいつも助けてもらってばっかりだと礼を言いました。しかし笠井は通子と一緒にいたいだけだといい、妻とは先月別れたと告白します。たった一晩の浮気がばれて離婚した笠井。相手の女性の名前は伏せます。

ある日前田の店の社長がやってきて、通子と旬平で銀座の店に来てほしいと引き抜きされます。それを聞いた通子は、5000万円でその店を買い取ることを決めました。しかし金のない通子。大角六扇(横内正)にその金を出してもらうと旬平に相談します。花ずみをもっと大きくしたい通子。

しかし翌日、テレビで大角六扇が亡くなったことを知る通子。お金を作ることができなくなった通子は、多衣に電話を掛けます。多衣なら5000万をどうにか用意できるとにらんだ通子。後日二人で薪能に行くことを約束しました。

店で着替えをする通子は、旬平の忘れていった書類を見つけます。戸籍謄本を見て驚く通子。旬平が再婚したのは最近だと思っていましたが半年前、通子が6000万円を多衣に借りに行った2日後には旬平と多衣はすでに籍を入れていました。何も知らずに旬平と抱き合った通子。

通子の怒りは頂点に達します。後日薪能を見るために多衣に会う通子。嫉妬と憎悪に満ちた通子は、絶対に許さないと心に誓います。そして今夜どう多恵を懲らしめようかたくらむ通子。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク

あなたには渡さない 4話の感想

旬平がやっと多衣と籍を入れ、気分一新して頑張る通子。しかし籍を入れていたのは、通子が考えていたよりもずっと前でした。またしても、多衣に嘘をつかれていた形の通子。何も知らないふりをして、みんなで通子をのけ者にしています。通子が怒るのも仕方がありません。

旬平が隠していたこととは、このことなのでしょうか。なぜ、黙っていたのか?通子にやはり未練があったからでしょうか。いつも通子は置いてけぼりにされているような気がします。くやしい通子は、いったいどんな仕返しを多衣に考えているのか恐ろしいです。

旬平と多衣が結婚したと聞いた娘の反応は意外と冷静で、穏やかでした。それと引き換えに、不服そうな美優の兄。今度は美優の兄と通子の仲が心配です。

大角六扇の突然の死。通子の金の当てが外れます。通子は店を大きくする野望があるようです。そのためには金が必要。これからどうやって通子は金を用意するつもりでしょうか。だんだん花ずみの女将として、板についてきた通子。前を向いて進むがあまり、後ろを振り返ったときに誰もついてきていないことは避けたいです。

そして笠井が離婚をした原因となった浮気女性の存在も気になります。笠井と関係をもった女性とはいったい誰なのでしょうか。



スポンサーリンク

あなたには渡さない 4話の視聴者の声(評判)とまとめ

八重の前田に対する愛の表現方法が、とても情熱的でした。通子も八重のようになければいいのですが…。

次週は、通子が多衣の着物の帯をクルクルッと脱がせるシーンがありました。これは見逃せません。薪能を見ていた多衣と通子。しかしそこには笠井と別れたたはずの妻の姿があります。そして多衣を懲らしめたい通子は、ある行動に出ます。

今回は、多衣にまんまと騙されていた通子。通子の逆襲が始まります。次週はすべてのカギを握る笠井に注目です!



スポンサーリンク