2019年冬ドラマ

【3年A組】6話のあらすじと感想評判「柊(菅田将暉)一人の戦いから全員の戦いへ」

スポンサーリンク



ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」第6話が2019年2月10日(日)に放送されました。

ここでは、「3年A組―今から皆さんは、人質です―」6話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

澪奈を陥れた黒幕は、魁皇高校の教師だという事実が判明し、それがSNSマインドボイスを通じて流布されるようになった3月5日の朝。

追い打ちをかけるように柊は自らの顔をさらしてその事実を告げ、真相を究明すべく世間を煽っていきました。

【3年A組】5話のあらすじと感想評判「運命は少女(今田美桜)が握る」

【3年A組】6話のあらすじ(ネタバレ)

その頃、学校では教師らが責め立てられており、テレビの画面の中ではまるで他人事のように武智(田辺誠一)が張り付いたような笑顔で「みんなを信じてる」と言っていました。

その画面に「容疑者www」とコメントが流れていくのは何とも皮肉なことでした。

怒涛の第二部 開幕!!

この数日と変わらない教室の風景。

「俺の授業を始める」

と言った柊は言い笑顔で拳を振り上げます。

「これから“信じる・信じない”ゲームを始めよう~~~~!!」

発生から五日目、所轄刑事の郡司も、相楽家の孝彦・文香親子もまんじりともせずその状況を注視していたのです。

久しぶりに少しまともな食事を食べ、やっとシャワーを使うことができた生徒たちははしゃいで明るい表情を見せていました。

「燃料、投下」

柊はその夜、パソコンを操作して生徒全員の後ろ姿が写った日付入りの写真を公開します。

彼は、誰も殺していなかった。

一気に彼の評価は犯罪者からヒーローに切り替わっていきました。

そして彼は高らかに宣言するのです。

「ヒーロー編、開幕~~~!」

3月6日朝、柊は教卓のパソコンで特撮作品の動画を生徒たちに見せていました。

「これってガルムフェニックスでしょ?」

堀部瑠奈(森七菜)が細かいうんちくを語り始める中、赤いスーツのヒーローは、激しいアクションを展開していました。

そしてまた今日も柊の授業が始まるのです。

柊はSNSの画面を開いて生徒らに語り掛けました。

トリックで使った手足が写っており、キャプションには「先生に騙された」とあります。

それを投稿したのは誰か、と問われて手を挙げたのは結城美咲(箭内夢菜)でした。

「フォロワー増えたし」と言い訳した彼女でしたが、その様子に柊はさらに「盛り上がって行こうかぁー!」とテンションを上げたのです。

黒幕を暴け

市村校長(ベンガル)を始めとした教師らは、五十嵐理事官(大友康平)に詰問されているさなかに、武智のスマホに柊が電話をかけてきました。

「教師の中にベルムズにフェイク動画を依頼した人物がいる、その本人“hunter”は今 夜8時までに名乗り出ること。もし名乗り出なかったら、教室を爆破します」

生徒の命は教師の皆さんにかかっている、と言った柊でしたが、生徒らは愕然としていました。

彼は続けるのです。

「仲間になったつもりはない、協力を求めたのは真実を暴くために命を差し出してほしい、そういう意味だ」___と。

再度、携帯とカバンを生徒から再度回収した柊は、生徒に「先生を必死で説得してみるか?」と持ちかけました。

柊は続けます。

「上辺だけで物を見るな。本質から目を背けるな」___しかし、さくら(永野芽郁)はその柊の言動の中で、あることに気が付いたのです。

所轄刑事の郡司(椎名桔平)は、相楽家を訪れ、文香(土村芳)に会わせてくれるように、と頼みます。

彼は「なぜ柊の立てこもり事件が自分(文香)のせいだと思ったのか」ということが気になっていたのです。

しかし、その彼女の想いは、父親の孝彦(矢島健一)によって遮られ、閉ざされてしまうのです。

教師は敵か味方か

その頃、教室ではさくらが立候補し、フェイク動画を依頼した犯人捜しが始まりました。

黒板には教師らの写真と名前が並んでいます。

「澪奈の真相を突き止めるには、まずは自分が動かなきゃと思って」というさくらに、香帆(川栄李奈)らは納得して話を進めていくのです。

皆の話をまとめると、この五人のうちの誰かが犯人なのか?

市村校長(ベンガル)
武智先生(田辺誠一)
森崎先生(堀田茜)
坪井先生(神尾佑)
佐久間先生(バッファロー吾郎A)

さまざまな憶測が飛び交う中で、それぞれに対するイメージが膨らみ、怪しかったり、怪しく見えなかったり、という結果に。

その時、坪井と水泳部の関係に言及し、涼音(福原遥)は坪井のせいで水泳部をやめていたという話をしました。

男女交際に端を発して「お前なんかいらない」といじめられた、というのです。

涼音は澪奈(上白石萌歌)に追いつきたくて必死で頑張っていたのが、心臓に異常をみつけてリタイヤせざるを得なかったのです。

その通院をさぼりと言われて責められ、彼女は水泳部位を去りました。

トイレで泣いていた涼音は、こっそり柊からスマホを取り返していた美咲に気付き、黙っていてほしければ自分の言うことを聞け、と脅すのです。

しかし、その様子は柊に見られていました。

坪井先生の行状を涼音が告発し、フェイク動画を作ったのが彼だとSNSに投稿しろ、と結城に言うのです。

一緒に見ていたさくらは、柊に問うのです。

「先生の目的は犯人を捕まえることですか?」

そして柊は「俺の目的はその先にある」と答えました。

机の上にあった柊の眼鏡をかけて、さくらは言いました。

「私は、先生を信じていますから」

立ち去った桜の後ろ姿を見て、柊は胸の苦しみに苦悶の表情を浮かべました。

見えてきた柊の過去

その頃、郡司はとある撮影所を訪れていました。

「柊一颯のルーツ」だというそこで、彼はかつて美大の学生だった頃に、ヒーローものの怪獣のデザインや造形などを手掛けていたのだというのです。

そこで、身体能力の高さを見込まれて、スーツアクターまでこなしていたと。

郡司はそこでファイター田中(前川泰之)という“特撮界のレジェンド”ともいわれるスーツアクターに出会ったのです。

彼と柊が共演していたという特撮作品にIVKI(イブキ)のテロップを見つけた郡司に、ファイター田中は言うのです。

「彼が演じていたのは悪役。真面目な奴でしたよ、アクションも演技も真摯に取り組んで…決して、罪を犯すような人間じゃなかった。それこそ世界を敵に回してでも、誰かのために戦う…正義のヒーローみたいに」

彼は引退を考えていた時期に、柊に主役を譲ろうと考えていたのですが、彼の病気が発覚してアクション俳優の道を諦め、“文香ちゃん”と同じ教職の道を選んだ、とファイター田中は口にしたのです。

文香の父・孝彦は、その撮影所を経営する社長でした。

命がけの犯人探しが始まる!

間もなく期限の夜8時。

涼音が「坪井にセクハラ・パワハラを受けた。フェイク動画を依頼したのは坪井だと思う」という動画をUPしたことでネットが大騒ぎになっているのだ、と柊が言いました。

教師らの揃った体育館に柊とテレビ電話がつながりました。

涼音は、坪井と対決しました。

自分を追い詰めたのと同様に澪奈を追い詰めたのではないのか、と問い詰めたのです。

しかし、校長がその言葉を遮りました。

坪井は涼音の病気のことを知っていたのです。

致死性不整脈。

このまま水泳を続けたら、命が危ない、そのことを母親と共に医師から聞いて、部活を辞めるように説得するよう頼まれ、突き放したという、それが事実でした。

頭を下げて詫びた坪井に、涼音は涙を流して悔いたのです。

結城がその携帯を操作する前に、柊が制止したため、坪井を誹謗する動画は世間に流布してはいませんでした。

安堵する涼音に「お前の不用意な発言で身に覚えのない汚名を着せられ!本人が!家族が!友人が!傷つけられたかもしれないんだ…」と柊は激しく詰め寄ります。

「反省してる」と彼女をかばうクラスメイトに「目を覚ませ!何を反省しているんだよ?!いい加減目を覚ませよ、変わってくれよ!」___何がいけなかったのか、上辺だけで物事を見ないで、よく考えるんだよ!

胸に刻むことをしないから、同じことを何回も何回も繰り返す…目を背けたらダメなんだよ!

お前たちはもう、感情に任せて過ちを犯すような歳じゃない…考えて、考えて、考えて自分で答えを出すんだよ!

だからもっと、自分の言葉に、自分の行動に、責任を持てよ!

お前の言葉一つで、簡単に、命を奪えるんだってことを忘れるな!

…タイムアップ。
生徒を閉じ込めた教室が爆破され、その音が響きました。

が、しかし教師らが駆け付けてみると、現場は隣の教室でした。

生徒の命を懸けていながら、保身に走った教師がいた、という事実はネット中を駆け巡ったのです。

Let’s think!

さくらだけが気づいていた柊の「信じる・信じない」ゲーム。

彼が眼鏡をかけた時には彼の言うことを信じる、外した時には信じない。

そのルールの通りに柊は行動していた、というのです。

それはまさに「ちゃんと考えろ、本質から目を背けるな」という言葉の通りの物でした。

その時、瑠奈が思い出したのです。

“ガルムフェニックス”の決め台詞は「Let’s think!」だったということ。

郡司らは、相楽孝彦が造形物を発注し、大量の爆薬などを買い込んでいたことを突き止めていました。

彼は、柊の協力者だったのです。

そして孝彦は、澪奈の自殺にまつわる意味深な動画をUPしていました。

柊が呼びかけたhunterの正体とは…熱血教師・武智大和だったのです。



スポンサーリンク

【3年A組】6話の感想

毎回凄い情報量のドラマですが、今回も新しい話がぎゅっと詰め込まれ、謎が解けるかと思いきや、さらに深まる様相を呈しています。

その中で、ようやく柊の過去が少しだけ見えてきました。

彼がアクションスターを目指していたという話が具体性を帯びて語られたのです。

美大生の時期に出入りしていた撮影所で、郡司らが出会ったスーツアクターのレジェンド田中は、実は凄い人です。

昨年度の特撮作品でメインキャストを勤めていた前川泰之氏をここにもってくるとは、キャスティング考えた人、素晴らしい!と思いました。

ライダー経験者の柊に、”おやっさん”をぶつけるとは!

今日はもう、これでお腹いっぱい!と言うくらいのインパクトでした。

そして、頑なに文香を柊から引き離そうとしていたはずの父親・相楽孝彦が実は柊の協力者であった、という事実。

撮影所という環境があったことで、フェイクの人体や火薬が入手できたのだというその流れに唸らされました。

そして、今回も柊の言葉は熱く、胸を打つものばかりです。

菅田将暉と言う人は、ついこの前までは教卓の向こう側に机を並べていたはずの若さで、良くもここまで迫力ある教えをぶつけてくるものだなぁ、と驚かされます。

あれを生で見た生徒は、絶対にその枷を外すことはできないだろう、と言うほどに、その教えには重みがありますね。

まさに命がけの教育です。

そして、もっとも意外とも思えるし、その怪しさから一番それらしいともいえる人物の名前を柊が呼びました。

ああ、やっぱりただの“モブ”ではなかった___当初からの熱血教師フィーチャーぶりは、それこそフェイクではなかったんだろう、と思い至ったのです。



スポンサーリンク

【3年A組】6話の評価評判

ドラマ【3年A組―今から皆さんは、人質です―】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、Tverや日テレ無料!TADAで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

日テレ無料!TADAで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、Huluで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【3年A組】6話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(2月10日放送分)

まとめ

犯人は武智大和、と柊の呼びかけでぐいっとそちらに引っ張られましたが。

それが本当かどうかは、実はまだ判りません。

柊が、納得できるだけのネタを並べて解説してもらうまでは、うかつに信じることはできない、と思います。

生徒らは、その思考を一進一退させながら、澪奈を貶めた犯人を突き止める努力を始めました。

人を疑うという苦しい作業と、自分らの自戒に突き動かされる衝動、そして柊が放つ言葉の強さ。

一時間見ていると頭がくらくらするレベルのジェットコースターですが、じゃあ、次は一体何が来るんだろう?!

これほど、本当にリアタイしていなければ勿体ないドラマって、そうそうあるもんじゃない、と思った次第です。

https://www.doraeiga-vr.com/3a10-6-watching/



スポンサーリンク